DBB-109 装甲護衛艦「いせ(伊勢)」




 
このコーナーでは、当艦隊に所属するDBB−109 装甲護衛艦『いせ』を建造していく過程をご紹介させていただきます。また、本艦はコラボレーション・サイトの企画に使用することを目的として建造して行きます。

○設定○

 
装甲護衛艦「いせ」は扶桑型戦艦の三番艦。1925年5月10日、川崎重工業神戸造船所で起工。1926年11月12日進水、1927年12月1日就役。同型艦に「扶桑」「山城」「日向」
(この世界では忠実の扶桑級の設計は廃案となり、その改善を図った伊勢級の設計にて扶桑級が建造されたことになっていてこの4艦はほぼ同じスペックを持ち、また、艦暦も「長門」の方が先に建造されたことになっています。)


  本艦は、太平洋戦争勃発の切っ掛けとなった米軍の呉襲撃時における防空戦闘に「扶桑」「山城」「日向」と共に参加した他は、速力不足の関係上から太平洋戦争、欧州解放戦争においても、実戦に参加する機会が無かった。(欧州戦には「日向」のみ派遣され、ドイツ空軍のV4ロケットの直撃を受け沈没)戦後は装甲練習艦(練習戦艦)として使用されていたが、1958年3月にモスボール処置(「扶桑」「山城」は退役-解体)が施されたが、1962年のDCB−104「やくも」105「いぶき」と時期をほぼ同じくして機関のガスタービン化と大規模な兵装の近代化が施された。

 中でも機関のガスタービン化によって、「扶桑」級の欠点とされていた砲塔の配置による罐室面積確保不足(艦の速力向上が不可能)はガスタービン機関の小型で大出力という利点によって払拭され、さらには機関室の面積が大幅に縮小された好影響により、それまで不足していた乗員居住スペースの再確保がなされた。

 また、高齢化していた艦の構造材の強化、並びに薄いとされていた主要防御区画の装甲板は複合材アーマーを採用多用することで艦の軽量化と共に決戦距離から自艦の持つ主砲口径を超える460mm砲弾の直撃を受けても耐える事が理論上可能となり、この大規模改装で艦齢の長延化がなされたため、2006年においても本艦は現役の装甲護衛艦として活躍している。


○主なスペック
基準排水量 35,000t
全 長 219.62m
最大幅 33.90m
喫 水 9.03m
主 機 :Gas-Turbin×8基(COGAC方式 機関:PW-IHI2950)
軸 数 :4軸
軸馬力 :150,000馬力
速 力 :33.5kt
航続距離 :9,570浬/20nt
乗員数 :390名
○兵   装
主 砲 :74式55口径356mm連装全自動砲×6基
副 砲 :OTOメララ62口径76ミリ単装速射砲×4基
対 艦 :SSM-3対艦ミサイル4連装発射筒×2基
対 空 :20mmCIWS×4基
スタンダードSM2 SM3(装備数0〜64基可変)
:RIM-7Fシースパロー8連装発射機×2基
対 潜 :VLS発射型74式アスロック(装備数0〜64基可変)
:68式3連装短魚雷発射管×2基


「伊勢」のキットです。今回はハセガワのWLの戦艦『伊勢』とフルハル スペシャル 航空戦艦『伊勢』をメインに使用します。
フルハルスペシャルの内容にはエッチングパーツや真鍮砲身、ホワイトメタル製のスクリューなどが含まれます。
下の画像二枚は艦底パーツになります。パーツは左右二分割で箱型構造で何故かビルジキールのフィンが別パーツになっています。
 取敢えず、ハル上下パーツ(ハル上パーツも左右二分割)を組んだ後、上甲板パーツを仮組。これからイメージを膨らませます。
錨鎖甲板の鎖は何とかしなきゃなりませんね。木甲板はまだどうするか考えていません。
上甲板の主なパーツ構成はこんな感じです。
 45口径36cm主砲ながら、6基12門。『扶桑・山城』は別として^_^;『伊勢』級は大好きな艦の一つです。この艦にはどんな役割を持たせましょうか?
艦首部分です。この形状ではあまり早そうに見えませんね。バルバスバウに改造したいと思います。
今回はここまでです。次回は艦首の形状改造と艦橋に手を付けて行きたいと思います。


今回は、ハルの造型をしていきます。
先ずは錨鎖甲板から。鎖のモールドを削り落とし、穴あけ、鎖を通します。
 鎖のローラーは適当なジャンクパーツを加工して取り付け。因みに鎖はいつものようにフラグシップ製の極細鎖を使用しています。ある程度テンションをかけながら瞬間接着剤で固定しています。
15.5cm副砲を潰します。右画像では、副砲の基部を切り落とし‥‥、
 上の画像では細切りプラ板を貼り付け、隙間を光硬化パテで埋め立てます。『ながと』でも使った手ですね。しかし、光硬化パテ光に当てさえすれば極短時間で硬化してくれるため非常に重宝します。値段は高いですが^_^;
 艦首形状を改造します。これも『ながと』で使った手法です。タカラトミーの連斬「いそかぜ」のバウを切り離し、『伊勢』の艦首と合わせながら加工調整して、瞬間接着剤で固定。後ほど形状は耐水ペーパーで調整して行きます。
 仮組した艦橋を載せてみました。艦橋の窓枠はエッチングパーツに加工してあります。短いですが、今回の更新はここまでです。次回は各部の形状仕上げと煙突の造型に移りたいと思っています。


たいした内容では有りませんが、週一の更新を目指しUPしていきたいと思います。
 『いせ』では、出来れば全面木甲板を残したかったのですが、本艦は、ハープーンもしくはSSM−4対艦誘導弾ならびに、VLSを搭載する予定ですので対熱対策のため、後鐘の一部を除き、木甲板は廃止され、耐熱コーティングを施された複合装甲甲板とします。よって、木甲板のモールドを削り落としました。
 煙突部分は、例によって連斬「いそかぜ」の機関部より頂きます。第一煙突を切り離し、これを二つ横並びにして使用します。設定としては、「この『いせ』ガスタービン化は『いぶき』についで、『まほろば』『やまと』級装甲護衛艦ガスタービン化のテストケースであったが、当時の技術力ではガスタービン機関の導入によって排気煙路が大型化するという欠点の解決がなされてなかった為、主砲塔配置によって煙突の設置に大きな制約を余儀なくされる『いせ』においてそれを解決する苦肉の策として、このような、いささか不恰好な煙突の形になった」ってな感じにしたいと思います。
 で、煙突は下の画像のような形に相成りました。コンセプトは「取ってつけた」です^^;。乗組員達からは「双子山」なんて呼ばれているそうな(笑)
 
 ん?艦橋の形が変わっているって??
 この煙突の形だと『伊勢』のオリジナル艦橋ではどうもバランスが悪くなってしまいしっくりこない気がしたので、『いぶき』でも使用したニチモ『大和』の艦橋に多少手を加えて取付けました。窓はエッチング製です。
 主砲は『いぶき』同様、ピットロード製の日本海軍装備品セットの物を使用しますが、これ、オリジナルのパーツより少し大きいので、各砲塔基部の間隔を微妙に調整し、主砲が旋回したときに干渉しないようにしました。主砲は『いぶき』と同規格としますので、当然ながら砲身長もそれと同じにするため、4番砲塔の砲身の先が後鐘と接触しないように、後鐘も加工しておきました。
 今回はここまでです。今後、細部のディティール造型ならびに偽装へと作業を進めていく予定です。来週末UPを目標に頑張ります!!


中々予定通りには進捗しないもので、二週間ぶりの更新となりました。
 フリートネットさんに注文しておいた、クリッパーモデルズの36センチ真鍮砲身とPT社のエッチングパーツ(現用戦艦アイオア用)が届きました。下画像左はDCB−105『いぶき』の主砲とPT社の36cm砲塔です。主砲の口径はこの『いぶき』の主砲に合わせて行きます。
 真下の画像ではピンバイスで真鍮砲身を差し込む穴を開口しているところで、この後、丸やすりで穴を広げて行きます。
 砲身長は下左画像の様に、『いぶき』の主砲砲身の防水布に新しい砲身の先を合わせ、『いぶき』砲身の先に新砲身の防水布パーツ(ホワイトメタル製)を合わせておき、そこに瞬間接着剤を流し込むというやり方です。で、この作業を12本行いますが、結構しんどいです^^;
 第4主砲の砲身の先と後鐘楼との間隔もバッチリです。旋回させても干渉しません。
 全ての主砲を搭載してみました。やはり砲身があると締まったように見えます。
 で、いきなりサフ吹き→ペーパー掛けの作業工程を端折って載せてますが、特に面白い内容ではないのでご勘弁下さい。
 中央構造物部分のUPです。大分偽装も進んできていますが、この艦で一番頭を悩めたのが、メインマストです。『いせ』は煙突を並列に並べたため、『やまと』などのようにマック構造にできません。じっくりと考えた結果、「ダイヤモンドハーバー」サイトのみそろくさんの『金剛』『比叡』手法を参考に(というかパクリ^^;)させていただきました。そういえば、みそろくさんの『比叡』も大和型の艦橋を使用されていますね。いや、偶然ですよ、本当に偶然^^;
 で、OTOメララ76mm砲、シースパローランチャーは仮載せしているだけです。
 第四砲塔の両脇にはまたまたタカラトミー連斬『いそかぜ』より拝借した、32セルVLSを取り付け。なぜ、VLSがこの位置かというと、機関室を避け、またバイタルパート内に置きたかったのと、第四主砲が発射体制にあって旋回中でも、左右どちらかのVLSが使用可能になる位置といったらこの場所しかなかったのです。測距儀は旋回可能。
 艦首錨鎖甲板には波除板を追加しアクセントを加えます。
 艦尾には、ロシア巡洋艦『モスクワ』から拝借したヘリ甲板を取り付け。この艦ではヘリ甲板として使用するよりも、無人弾着観測機FFOSの発着甲板として利用される設定にします。甲板前部のバッテンパーツがFFOSの格納庫ハッチです。
中央構造物を艦尾より望む。イルミネータなどは『いそかぜ』より、後はジャンクとなった『伊勢』などから利用しています。
国防軍海上自衛隊装甲護衛艦の甲板色である「ヘイズグレイ」を甲板に吹きつけ。この後、甲板をマスキングした後、エッチング手摺を取付けてから塗装に移ります。
今回の更新はここまでです。年内竣工を目指します!!


 なんとか、2008年一杯での竣工、間に合いました。が、画像のほとんど誤消去してしまい余りご紹介できる内容では有りません^_^;
 いきなり塗装後の画像です。この時点で汚しまで済んでおります^_^;
張り線ですが、今回はいつもの旗箱に穴を開けて0.08mmニクロム線を接着、ではなく、0.2mm真鍮線をコノ字型に曲げ、そこに0.08mmニクロム線を結び付けておき、その真鍮線をデッキ部分に接着する方法を取りました。
PT社の装備品セット〔Y〕より、ホーサーリールを使用。ランナーから切り離す前にあらかじめ塗装しておくと楽です。下は取付けているところ。後鐘マスト上のアンテナマストはフルハルスペシャル付属のエッチングパーツを使用。
装甲護衛艦DBB-109『いせ』、竣工です。
『いせ』のコーナーはここに終了です。お陰さまで2008年末をこの艦の竣工で飾ることが出来ました。皆様、お付き合いくださり有難うございます。来年も『大和し麗し』をどうぞ、宜しくお願いいたします。