F/A−0B 三菱 零式戦闘攻撃機



 このコーナーでは、「大和し麗し」世界における、「民主日本国防軍 航空自衛隊」に所属する航空機である「F/A−0B 零式戦闘機攻撃機」の製作過程をご紹介させていただきます。製作のベースとなるキットはハセガワの超時空要塞マクロスシリーズ VF−0Dを使用しております。
三菱F/A-0B型

○SPEC

全長:18.69m
空虚重量:16705kg
エンジン:IHIPW-127-440ターボファン 91.08kN・AB時:148.9kN×2基
最大速度:M2.7 高度11000m
航続距離:2400km(背部コンフォーマルタンク装備時)
上昇限界:26500m
標準武装:JM61A1バルカン砲 1門

全長:18.69m
空虚重量:16705kg
エンジン:IHIPW-127-440ターボファン 91.08kN・AB時:148.9kN×2基
最大速度:M2.7 高度11000m
航続距離:2400km(背部コンフォーマルタンク装備時)
上昇限界:26500m
標準武装:JM61A1バルカン砲 1門
 機体を組み立てた後、機体全面をタミヤのインターミディエートブルーで塗装し、塗装説明図(縮尺50%)を200パーセントに拡大コピーした物に迷彩パターンをデザインして塗る部分を切り抜きし、裏側に両面テープをこよった物を切り口から3〜5mmほど離した位置に貼っていき、これを機体に貼り付けてから塗料を真上から吹き付ければ、暈しが入るという寸法です。
 下右画像ではライトニングアレスタのモールドを0.2mm真鍮線で表現しています。
 後はデカール類を貼り付けトップコートを吹き、兵装を追加してから汚しを入れてロールアウトとなります。兵装はハセガワのエアクラフト・ウェポンセット航空自衛隊よりF-2用のASM-2とAAM-3をチョイス。これより下は完成画像を掲載します。
 ドロップタンクはF15-Jから頂いています。
 機首左横にはバルカン砲のフェアリングを追加。
 ウェザリングは機体の推進軸方向に結構濃い目に入れています。
 F/A-0Bのコーナーはここで終了です。如何でしたか?F-0Aもそうですが、アニメの架空機に現用機の塗装、マーキングを実施しましたが、基になる機体の設定が現実のそれに近いことも有り、中々はまっているのでは無いかと思います。